タピサケのブログ

ドルヲタでレズビアン

悔いのないように(1)

アイドルが卒業発表をすると、そのファンが悲しがったり寂しがったりする。

それを見た部外者が「その子がいる間に悔いのないように推すべきで、今になって後悔するのはおかしい」なんてことを偉そうに言ってたりする。

それを見かける度に、私は心が痛くなる。

私にも推しメンがいるけど、彼女もいつアイドルを辞めるかわからない。それは今年や来年なのかもしれないし、ちょうど今やっているライブで発表しているなんていう可能性もあるんだ。

私は、彼女を「悔いのないように」推すことはできない。絶対に。

なぜなら、もう既に後悔していることがたくさんあるからだ。

お誕生日や、加入して◯周年のお祝いなど、彼女が主役のイベントに行けなかった。

そのグループにとって初めての、大きな会場でのワンマンライブも行けなかった。

グループでインフルエンザが流行して、2人だけで頑張ったライブも行けなかった。

平日の昼間で、「ファンの人が少ないかもしれない」と不安がっていたライブも行けなかった。

小さな後悔がどんどん積もっていって、とても大きなものになる。

きっと、彼女の卒業発表に立ち会うこともできなくって、それも後悔するんだろう。

彼女の卒業ライブにだって行けないかもしれない。

もっと会いに行けば良かったって、もっと頑張れば良かったって、泣いて後悔するんだろう。

でも私にはどうすることもできない。

 

いつか、必ず、つらい思いをする。

それがわかっているのに、彼女の応援を辞めることはできない。