タピサケのブログ

ドルヲタでレズビアン

アイドルのリップサービスの話

たまにイベントに行きますが、アイドルはみんな優しくしてくれます。

「来てくれてありがとう」「会えて嬉しいよ」って言ってくれます。

私の推しはチェキに「好き!」とか「また来てね!」って書いてくれました。

それは私に対してだけではなくて、他のファンの人たちにも同じように接しています。

自分の父親や祖父くらいの年齢の人にもです。

 

それは本心で言っているのでしょうか?

いいえ、そんなわけはありません。

 

でも、それで良いんです。それがすごく嬉しいんです。

好きだっていうのは嘘かもしれないけど、嘘だろうけど、「私に好きって言ってくれた」のはまぎれもない事実です。そして、それで私が喜んでいるのも事実です。

 

お金は払っていますが、それはチェキを撮る料金です。

極端なことを言えば、無言でチェキを撮っても同じ金額です。

肩に触れられたり、好きだって言ってもらうのにお金は払っていません。

 

こんな私のためにわざわざ笑顔で嘘をついてくれるのすごく優しくないですか?

そりゃもちろん本当に好きだって思ってくれてたら嬉しいけど、そんなのは夢のまた夢です。

 

アイドルの嘘は私たちを幸せにします。

アイドルの皆さん、これからも素敵な嘘で私たちを騙し続けてください。